top of page

松山のぞみ幼稚園 かつおぶし削り体験(親子クッキング教室)レポート

更新日:2023年3月12日

松山のぞみ幼稚園様で、かつおぶし削り体験プロジェクトを活用した「親子クッキング教室」が行こなわれました。聖カタリナ大学短期大学部保育学科 講師 戸井和彦先生と聖カタリナ学園高校学校の3年生の4人の生徒さんの実践模様をレポートいたします。。

 

今回のテーマは、「だしを通して和食のよさを幼児に感じてもらう」ことでした。

親子でのいろいろな体験を通して、和食のよさを伝えたいという思いがあり、松山のぞみ幼稚園様に出かけられたそうです。

 

まず戸井先生より、かつおのぬいぐるみなどを使って、かつおの特徴やどの部分からかつお節がきるのかのお話しがありました。


次に幼児は4つのグループに分かれ、4人の高校生がグループに入りました。

高校生はグループの幼児たちと保護者に向けて、「かつお節はまほうのひらひら」という紙芝居を行いました。

幼児たちにとって初めて知ったことが多かったこともあり、真剣に聞いてくれていました。

その後、保護者の方にかつお節削り体験をしていただきました。

初めて経験される方ばかりでしたが、子どもたちの前で一生懸命削ってくれました。


最後に、副園長先生がいろいろなだしの作り方を説明してくださったあと、かつおだしを実際に鍋で作ってくれました。

かつおだしのいい匂いが部屋中に広がり、参加者は感動していました。

その後、鍋の所に行ってだしのにおいをかぎました。

今回はコロナの関係で飲み比べ体験はできませんでしたが、親子で和食のだしのよさを体験していただけたことと思います。この活動は次年度も実施予定です。




【聖カタリナ大学短期大学部様の公式サイトはこちら

閲覧数:128回

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page